投資を検討すべき暗号通貨

暗号通貨について、そしてそれが長期的にどれほど儲けになるかについては、すでに聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ですが、暗号通貨についてはあまり知らないし、聞いた話も曖昧で不確かなものに思える、という方がほとんだと思います。お客様が時間を無駄にすることのないよう、そして業界の最新ニュースから取り残されることのないよう、当社では、詳細な調査を行い、最も人気の高い通貨のリストを作成することにしました。

この記事では、現在市場で最も注目され、最も収益性の高い暗号通貨をご紹介いたします。ぜひご一読ください!

ビットコイン 

仮想通貨の世界では、ビットコインが紛れもなく圧倒的な強さを誇っています。2009年の登場時には、「取引のやり方を根本から変える、ピアツーピアの電子マネーシステム」と宣伝されていました。当然ながら、当時これを本気にした人は誰もいませんでしたし、現在のように市場をリードする立場になるまでに、ビットコインはさまざまな逆境を経験してきました。現在ビットコインは、公式な価値で45,000米ドル以上の価値があるとされています。

ビットコインとそれを守るブロックチェーン技術の最も興味深いところは、誰が発明したのかを誰も知らないということです。自分こそがビットコインの創始者であると主張する人も何十人、何百人と登場しています。ただ、その誰一人として主張を裏付ける証拠を出していません。こうしたすべてのことを考慮に入れますと、確かなことは今後も分からないのではないかと思います。

イーサリアム 

イーサリアムは、現在のところ2番目に人気のある暗号通貨です。1ETHは3,000米ドル以上の価値があり、主要な暗号通貨取引所ならどんな取引所でも購入することができます。また、オープンソースのブロックチェーンであるにもかかわらず、この通貨に関する論争は特にありません。イーサリアムの創始者は、27歳のロシア人開発者ヴィタリック・ブテリン氏です。ブテリン氏は、イーサリアムの将来の発展に向けて素晴らしい計画を立てています。

ブテリン氏は、最新のインタビューの中で、イーサリアムを単なる暗号通貨、すなわち他の通貨と同じようにいずれビットコインと競争することになる暗号通貨のひとつにはしたくない、と語っています。むしろ、才能のある若者たちが自分のプロジェクトに資金を提供するのに利用できる、クラウドファンディング用プラットフォームのようなものにしたいと考えているそうです。

リップル 

当ランキングの第3位は、リップルです。この通貨は、前述の2つの通貨ほど知られていないと思います。Ripple Labsの創設者であるクリス・ラーセン氏とジェド・マケーレブ氏によって開発された通貨です。現在のリップルの時価総額は、米ドルで200億ドル前後です。それでも、トークン1枚の価値は、上位2通貨には到底及びません。1 XRPは現在約900ドルの価値があり、約400億枚のトークンが流通しています。

こうした点をすべて考慮に入れますと、現時点において投資に最も適した暗号通貨はリップルかもしれない、ということが明らかになってきます。リップルの主な欠点は流通しているトークンの数であると主張する専門家もいますが、ほとんどの専門家は、リップルの価格は今後数年間で成長するだろうと考えています。資金に余裕のある方なら、今すぐにでもリップルへの投資を検討されることをお勧めします。